なぜ自分の周りは嫌な人ばかりなのか?辛い現実を直視する方法

人付き合いの悩み

「嫌な人が多くてストレスだらけ」

「自分は何かいけない存在なのか」

周囲の人間関係が上手くいかないと、そんな自分のことまでも嫌になってしまいますよね。

 

本記事では、自分の周りが嫌な人ばかりと悩んでいる人へ向けて、そのストレスを軽減する方法について解説しています。

なぜ自分の周りは嫌な人ばかり?辛い現実を直視する方法

周りが嫌な人ばかりで辛いとき、そんな現実を変えていく方法は主に4つあります。

  1. 嫌な相手を「鏡」として自己嫌悪をしていることに気付く
  2. 自分の中に「相手を変えたい」という願望があることに気付く
  3. 「自分は被害者」と思っていることに気付く
  4. 自分と他者を縛っている「自分ルール」に気付く

 

そして、これらに共通していることは

「現実をこれまでとは違った角度から見ること」

です。

たとえ自分だけが多くの人から嫌われていると思っているとしても、少し見方を変えると

  • 実は多くの人が同じように周りの嫌な人について思い悩んでいると気付ける
  • 実は自分は嫌な人の「嫌な側面だけに」注目してしまっている可能性がある
  • 実は嫌なのは相手の一部の発言や行為・振舞いだけなのに、それを相手の人格そのものだと思い込んでいたことに気付ける

このように捉えることもできるわけです。

つまり、

「自分が相手を含む世界をどう捉えているのか」

これらを探ることが、辛い現実を直視することにつながります。

1.周りの嫌な人の特徴を、自分も持っているという事実

「周りは嫌な人ばかりだ」という気持ちは、ある別の感情から意識をそらすための防衛反応として生じるものです。

その別の感情とは主に「恐怖の感情」です。

 

例えば、同僚にちょっとした仕事のミスをバカにされて嫌な気持ちになった場合、無意識化では、

  • バカにされる自分は周囲から孤立してしまうかもしれない
  • こんな凡ミスをしてしまう自分は何をやってもダメな人間なのかもしれない
  • 仕事をミスした自分は迷惑な存在だ。そんな自分はクビになってしまうかもしれない

このような気持ちが生じている可能性があるわけです。

 

つまり、本当は「嫌だ」という気持ちの下に、恐怖を感じているということです。

しかし、日常的にしかも周りの人が嫌な人ばかりだという気持ちを感じ続けることは、精神的に負荷が大きすぎるため、その感情や意識を心の奥底に閉じ込めておくわけです。  

他人を通して自分の嫌な部分を自覚することが怖い

周りは嫌な人ばかりだという嫌悪感を、たとえ上手く心の奥底に隠せていたとしても、それが意識の上に昇って来てしまうことがあります。

 

それは「他者を通じて、その見たくない嫌な部分を見てしまった時」です。

先日、こんなツイートをしました。

前は「自分の周りは嫌な人ばかりだ」と思う時期があった

けど「他人は自分の心を映す鏡」という言葉を知ったとき

自分こそがその嫌な部分を持っているのかも…
と一瞬、不安になった

見たくない自分と向き合うのは、心の負担が大きい

けど、少しでも向き合えた分だけ、周りの人は不思議と変わる

人は自分の心の奥底に隠している「嫌な部分」を他人の中に見ると、強い嫌悪感と恐怖心を抱きます。

それは「本当は自分が自分を許せないんだ」と気付いてしまうからです。

 

例えば、「偉そうに振舞っている人にイライラする」場合、そこには3つの前提が隠れている可能性があります。

  1. 誰も自分を大事にしてくれない、自分はそんな価値のない存在だという潜在意識がある。
    (そんな自分を認めたくない)
  2. 謙虚に振舞っていては誰も自分を大事にしてくれないから、自分を大きく見せたい。
    (不安を隠したい)
  3. 本当は自分も偉そうに振舞いたいけど、周囲から反感を買うのが怖いから謙虚に振舞う。
    (自己否定の感情と、不安を隠したい欲望を無意識化に抑圧する)

 

これら前提がある状態で、ある時、他者の偉そうな振舞いの中に、自分の認めたくない姿を見てしまうと、相手を鏡にして、自分がそもそも持っていた(抑圧していた)嫌な部分を、相手が持っているように錯覚します。

 

そして、相手を攻撃(怒る)することで、自分の中の嫌な部分を否定しようとします。 

つまり、本当は相手にイライラしているのではなく、自分に対して怒っているんですよね。

>>>自己嫌悪に陥るとは、裏に「自分は愛されない」という心理が潜む

周りが嫌な人ばかりとは、相手を「鏡」とした自己嫌悪

どうして「自分に対しての怒り」が「他者に対する怒り」にすり替わっているのか。

それは、投影という誰しもが持っている自分の心を守るための防衛反応です。

>>>他人が怒っているように感じるのはなぜか?その理由と克服方法

 

特にストレスなどで精神的に疲労している時こそ、普段はそこまで気にならない他人の振舞いが気に障ることが多くなりませんか。

それは、ストレスなどでその葛藤を抱えることが一時的に困難になると、恐怖心を抑圧する力も弱くなるためです。

 

他者は抑圧していた恐怖心を引き出してしまうトリガーになるため、実は相手を恐れているが、その気持ちを抑圧し、怒りで意識をそらしている場合もあります。

2.自分の中にある「相手を変えたい」という願い

周りが嫌な人ばかりだと、その人たちと接した時、その場面を後で何度も思い出してしまい、苦しくなることってありませんか。

その場合、その裏には

「あの時、もし自分がこうゆう言動や態度をとっていたら、相手の対応や状況を変えられたかもしれない」

という

「相手の態度は自分次第で変えることが出来るかもしれない」

という前提を自分が持っている可能性があるんです。

 

そして、嫌な人の事を何度も考えてしまう行為というのは、

  • 「どんな対応をしたら、相手が嫌じゃない態度をしてくれるだろうか」
  • 「理想の他者の態度を引き出すためには、自分はどんな態度、言動をすべきだっただろうか」

という答えを探す行為でもあるわけです。

嫌な人ばかりと思うのは、本当は誰からも嫌われたくないから

嫌な人のことを考えることに疲れてしまう場合、それだけ

自分の中に「嫌な人」というカテゴリーに分類する人を作りたくない

という強い思いがある可能性があります。

 

この思いが強いほど、ストレスを受けやすいというのは容易に想像できますよね。

しかし、誰からも嫌われたくないというのは、同時に誰からも好かれないことを意味することにも気付く必要があります。

>>>「私、嫌われているかも」と悩むのは、自他境界の曖昧さが原因!?

3.「自分は被害者」と思ってしまうから嫌になる

たとえ接しなくとも、目に入るだけで嫌だったり、言動や態度、言葉遣いにイライラして怒りが収まらないことってありますよね。

そして、そんなことに腹を立てている自分にさらに腹が立ったりと、人間関係でのストレスって絶対に避けたいものです。

 

しかし、相手の言動や態度によって自分の怒りが引き出されたと思ってしまうと、それは自分が「被害者」だという意識を作り出してしまいます。

怒りの原因が相手にあると思うことは、相手にその怒りを鎮める力も与えてしまうことになります。

 

それでは怒りを自分の力でどうにも出来なくなってしまいます。

まずは怒りの感情の手綱を自分がしっかりと握ることが大切です。

嫌だという感情は思考から生じるもの

他者に対してイライラを感じてしまう原因として、「感情は思考から生じる」ということを押さえておく必要があります。

ここで言う思考とは「価値観」に近いものです。

例えば、職場でなら

  • 「職場では感情を出さずに振舞うべきである」
  • 「自分の担当の仕事でミスをしたなら、責任を持って自分が対応するべきだ」

 

このような価値観があるために、この価値観に沿わない他者に怒りを感じてしまうと、結果的に

「自分の周りは嫌な人ばかりだ」

となってしまうわけです。

つまり、怒りは自らが作り出してしまっているんです。

4.自分と他者を縛っている「自分ルール」の存在

「〇〇するべきである」という価値観のことを俗に「自分ルール」と言います。

この「自分ルール」を、自分に対してだけでなく、他者に対しても設定してしまうことが、他者への嫌悪感やイライラの原因となります。

>>>自分ルールに苦しめられる人生を変えていく方法

 

そして、普段この

「無意識にこの自分ルールを、他者にも課してしまっていること」

に気付かないことが、ストレスを溜めることにつながっているんです。

こんな自分ルール持っていませんか

例えば、こんな「自分ルール」を持っていませんか。

  • とにかく自分の感情をグッとこらえていなければならない
  • 仕事の期日はどんなことがあっても、絶対厳守しなければならない
  • ミスをした時は誠意を持って謝罪と対応をしなければならない

 

自分をきちんと律することは立派なことです。

しかし、問題はこれらを守ることを他人にも無意識に求めてしまうことです。

 

価値観は人それぞれ違うため、自分のルールを守ることをいつも他者に求めてしまっていては、周りが嫌な人ばかりになってしまうのも当然です。

思い込みだと気付けば、相手の態度の解釈が変わる

自分ルールを他者にも課していることに気付けたら、その自分ルール、価値観を改めて見直してみます。

  • 「落ち度があっても、謝り方は人それぞれ」
  • 「謝らない態度をあえて取ることが、自己防衛策の人もいる」
  • 「自分も状況に応じて、謝り方、誠意の見せ方を柔軟に変えてもいい」

そうすると、その相手への見方が変化し、相手が感情的な態度をとる理由が見えてきます。

 

また、自分が自分の振舞いや態度を縛り付けていたことに気付けるはずです。

自分にも相手にも「こうあるべき」という縛りを軽減できるので、楽になります。

 

相手に対してイライラしてしまうというのは、言い換えれば、他者に厳しいとも言えます。

他者に厳しい人は、自分自身にも厳しいものです。

 

それはとても立派なことではありますが、きっと誰もあなたに立派であることを求めてはいないでしょう。

実はもっと気軽に仕事をして、気軽に生きてもいいのかもしれません。

 

もちろん、これまで自分に厳しく生きてきたからこそ、今のあなたがあることは誇りに思うべきです。

しかし、自分が作った自分ルールによって、周りが嫌な人ばかりになり苦しんでいるのであれば、それはもう手放してもよいのかもしれません。

どんなに悩んでも、自分と合わない嫌な人は現れてしまう

「働きアリの法則」というのをご存知ですか。働きアリの集団の中で、

  • とても良く働くアリ
  • 普通(時々怠ける)のアリ
  • そして全く働かないアリ

の3グループの割合は、常に固定されているという法則です。

よく働いているアリ2割を間引くと、残りの8割の中の2割がよく働くアリになり、全体としてはまた2:6:2の分担になる。

よく働いているアリだけを集めても、一部がサボりはじめ、やはり2:6:2に分かれる。

サボっているアリだけを集めると、一部が働きだし、やはり2:6:2に分かれる。

働きアリの法則 – Wikipedia

 

これは人間社会にも当てはまり、他者への好き嫌いに対する割合にも適応されるんです。

 

つまり、自分がどんなに頑張って他者に気を遣っても、ぶっきら棒な態度をとったとしても関係ないということです。

  • 自分の事を理由なく嫌う人も必ずいる
  • けれど、無条件に好意的に受け止めてくれる人も必ずいる

ということです。

 

そして、それは自分が他者にどんな態度を取ろうと、自分の周囲の”6割”の人は、別に関心なんてない、無関心であるということを意味しています。

しかし、理屈の上では理解できても、心は納得してくれないものです。

なので、まずは

「自分がどう振舞おうが、嫌いな人というのは出現してしまうので、その法則を受け入れ、良い意味で諦められるのが最良の選択である」

ということだけを知っておきましょう。

嫌な人ばかりでも、自分を大切にしてくれる人のことを考えてみる

嫌な人のことで頭がいっぱいになると、

  • 自分に良くしてくれた人
  • 自分に心配してくれた人

のことを、ほとんど考えられなくなります。

 

何か目の前に問題が立ちはだかると、その対処にばかり意識が向いてしまいがちです。

しかし、そんな時こそ、逆に自分に優しくしてくれる人の存在を思い出す事で、嫌いな人への囚われから抜け出せるきっかけを作りましょう。

嫌な人ばかりなのは、それだけ自分を大切にしたい証

一般的に

「自分の周りは嫌な人ばかりだ」

というと、ワガママだからとか、性格悪いからだなど、ネガティブに捉えられることが多いかもしれません。

しかし、実はそれだけしっかりとした自分の軸を持っているからこそ、嫌な人ばかりになってしまっているとも捉えられます。

 

そして、自分にとって嫌な人というは、自分の中の認めたくない部分が他人に映し出されたものでもあるため、自分と向き合うことで減らすことも出来るんです。

まずは、嫌な人は努力でどうにかなるものではないということを意識していきましょう。

>>>自分を好きになれない人へ!克服には○○を認める必要がある

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました