運営者情報

 

生きづらさの正体を様々な視点から追求している、
「もちのん(@mochinonc)」と申します!

 

「人生、築き上げてきたものは、何かをキッカケに簡単に崩れ去ってしまう…」

これは、私が(努力の末、やっと)入社した一部上場企業を、ストレスと体調不良によって退職する時に思った言葉です。

 

退職と同時に、収入源も居場所も生きる希望も自信も全て失ってしまったと感じました。

しかし、

自分の性格やメンタルの特性、考え方のクセなどを把握しなければ、いくら頑張ってもまたストレスや体調不良になる可能性からは抜け出せない。

 

この思いで日々、自分と向き合い続けたことで、今は再び会社員として働いています。

「葛藤に苦しんで、少し軽くなって、また葛藤して」

この繰り返しでしたが、その中で自分が気付いたこと、励みになったことを少しでも多くお伝えしていきます。

就職してから、ずっと葛藤があった

学生時代には、家庭教師くらいで、他にほとんどバイトもしたことがない世間知らずだった私。

就職してからずっと葛藤し続ける毎日でした。

  • 「仕事だけ頑張っても、同僚との協調性が評価される」
  • 「なぜあの人はキツイものの言い方してくるのか」
  • 「若手の自分は、常に苦労を買ってでも率先するべきなのか」
  • 「この生活をあと40年続けるのか、辛い」
もちのん

今から考えると、こんな心理状態で長く働き続けられるわけがありませんよね。

ストレスで体調を崩して休職。

休職している間、ずっと自分自身と向き合いながら、心理系の本やネットの情報を漁り続けていました。

そこには、とてつもない恐怖心があったからです。

「このストレスと体調不良の原因を突き止められないと、いくら努力を積み上げても、また同じように体調を崩してしまうに違いない…」

そうして、身体を休めることはできましたが、心はほとんど休むことのできない休職期間を過ごしていました。

自分が陥っていた「生きづらさ」を知った

そうして自分の心について調べていく中で、自分のことを知るたびに衝撃を受けました。

  • 他人との心の境界線があいまいだった
  • 嫌われることを極度に恐れていた
  • 周囲の人に過度に気を遣い過ぎていた
  • 他者の感情・気持ちを深読みし過ぎていた
  • 仕事を断ることが怖くて出来なかった

などなど、自分はもっと本気で自分と向き合わないと、根本的な「生きること」自体に希望を持てないとも感じていました。

復職 → 再び体調不良 → 退職 → 人生に絶望

その後、約1年をかけて復職をしましたが、体調を再び崩してしまいました。

結局、努力して入社した会社を退職することになりました。

 

本当は、自分は会社員という生き方を辞めたくなかった。

もちのん

自分は、「人生 = 会社員」という、価値観が「会社人間」の人でした。

けれど、今のメンタルや体調では、とてもすぐに会社員として働ける状態ではありませんでした。

 

そして人生に絶望。

これから生きていくことに、希望を見い出せなくなっていました。

自分の生きづらさを分析することが、人生を切り拓くことにつながる

今は再び会社員をやりながら、自分に合った生き方や心理、生きづらさを分析し、なぜこんなにも生きづらいのかを分析し続けています。

そして、今はこの言葉を信じています。

生きづらさは、決して自分一人で抱え込む必要はない。

そして、自分が知識を1つでも多く知ることで、確実に生きやすくしていけるものだ。

少し生きる希望を持つことができたのも、自分と必死に向き合えたからです。

 

当サイトでは、物心ついた頃から漠然とした生きづらさに苦しんで来て、そんな自身の心と向き合い、分析して得られた知識をまとめて発信しています。

一人でも多くの、生きづらさに苦しんでいる人の役に立てれば幸いです。

もちのん

ツイッター(@mochinonc)でも情報発信していますので、良かったら見に来てください!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました