怒られるのが怖い!3つの本当の原因を知ることが解決の近道となる

不安な気持ちの対処法
  • 職場にすぐにキツい言い方をしてくる人がいる
  • 怒られることがストレスで、会社に行くのが憂鬱

怒られることって誰でもストレスですよね。

 

しかし、怒られるとそれが

  • トラウマになって、そのことが頭から離れない
  • 怒られないようにしようとして、何も手につかなくなる

などに陥って苦しんでいませんか。

本記事では、怒られるのが怖いという気持ちを軽減するための方法について解説していきます。

怒られるのが怖い!その原因を知ることが解決への近道となる

怒られるのが怖いと感じてしまう理由は、大きく3つあります。

  1. 人格を否定されたと感じてしまった
  2. 無意識に「怒られやすい振舞い」をしてしまっているため
  3. 過去のトラウマが尾を引いてしまっているため

1つ目は、相手の怒りというものの矛先が自分の存在価値に向いていると思い込んでしまっているというもの。

2つ目は、相手に「怒ってください」と言わんばかりの振舞いを無意識にとってしまっているというもの。

3つ目は、過去に怒られたことが原因で、それがトラウマとなってしまっているというものです。

1.人格を否定されたと感じてしまった

例えば、仕事でミスをしてしまい、上司から怒られたとします。

怒られたことにショックを受け、まるで自分の全てを否定されてしまったように感じていませんか。

ここでしっかりと相手は何に対して怒っているのかを把握する必要があるんです。

 

怒る人は、大抵、相手の人格ではなく、行為や行動に対して怒っています

※ここでは、あからさまに人格を否定するような言動をする人は除きます。

上司が怒る理由はもちろん、再び同じミスをされると困るからです。

 

そう考えると、上司が怒ったのは、あなたの仕事でミスをしたという行為に対して怒ったのであり、ミスをしたあなた自身を否定して怒っているのではないということです。

 

これまで、怒られるのが怖いと感じていた理由の一つは、

怒られる = 人格そのものを否定されている

と思っていた可能性が高いからです。

 

怒る側がどのような意図で怒っているのかは本人にしか分かりませんが、まずは行為と人格を区別していきましょう。

そして、自分のミスをしたという行為が怒られたのであって、自分の人格そのものが怒られているのではないと認識していく必要があります。

2.無意識に「怒られやすい振舞い」をしてしまっているため

怒る人は誰に対しても怒るわけではないんです。

怒る人は「怒りやすい人」を選んで怒っているんです。

 

誰しも人間ですから、怒っても反省しない人や効果のない人に対して、怒ろうとは思わないわけです。

ここでの「怒りやすい人」というのは、

  • すぐにまずは謝ってしまう
  • 怒りを真正面から全て受け止めてしまう

などです。

例えば、

上司に対して、あまり状況の良くない仕事の進捗を報告する際、

 

「怒られるんじゃないか、責められるんじゃないか」

 

と内心構えてしまい、自信なさげに報告してしまう

自信なさげに報告を受ける上司はどんな気持ちでしょうか。

 

報告を受ける前から上司自身が

作業のスケジュールは遅れているかもな

と思っていたとしても、自信なさげな言い方をされてしまうと、上司も捉え方が変わってしまうと思いませんか。

上司から見れば「どうぞ私を叱ってください」と言っているように見えてしまいます。

 

そうなると上司も「なぜ遅れているのか」と問いただしたくなってしまう心理になりやすいものです。

それは非常に損なことですよね。

自己関連付けにより、何でも責任をとらされた過去

  • 「自分が悪いのかもしれない」
  • 「自分にも責任があるのかもしれない」

とよく思ってしまう方、

それは、「何でも相手が悪い」と言ってくる人にとって「怒りやすい人」として見られてしまいがちになってしまいます。

 

ここで言う「何でも相手が悪いと言ってくる人」とは、

「行為と人格をセットにして否定する傾向が強い人」

のことです。

別の言い方をすると、他罰的な人です。

そして、怒られるのが怖い人の親の多くは、この他罰的な人の傾向が強い可能性があるんです。

 

幼い頃から親の機嫌の責任を感じ過ぎてしまうと、大人になってからも他人の特に怒りの感情に敏感になってしまいやすいです。

別記事「相手の不機嫌を自分のせいだと思い怖くなる人が知るべきこと」にも書いていますが、特に子供は周囲の様々な出来事と自分を関連付けて考えてしまう傾向が強いことが分かっています。

3.過去のトラウマが尾を引いてしまっているため

大人になってから

「上司に理不尽に怒られたことがトラウマになってしまった」

と感じるのも確かにトラウマではありますが、トラウマにはその大元となるトラウマがあることがほとんどです。

 

厳密には上司に理不尽に怒られた事のみによってトラウマになったのではなく、過去にすでに原因となるトラウマを経験していた可能性が考えられます。

上司に理不尽に怒られた事は、その過去に経験したトラウマを引き出すためのトリガーになっただけということです。

トラウマとは理不尽な経験で、誰にも共感されなかったこと

同じ理不尽に怒られる経験をした人でも、トラウマになる人とならない人がいますよね。

トラウマになってしまうものには、共通した特徴があります。

それは、

  1. 自分にとって理不尽な経験だった
  2. その時感じた感情が未処理のまま
  3. 誰にも辛く苦しい気持ちを共感されなかった

これら3つが重なると、その出来事はトラウマ化しやすくなるということです。

1.自分にとって理不尽な経験だった

まず、トラウマとは自分にとって理不尽な出来事だと言えます。

理不尽とは、自分には非がないにも関わらず、怒られたり、罰を受けたりすることです。

例えば、

  • 上司から、自分は無関係な仕事について、責任を取るよう言われる
  • 上司に一方的に怒鳴られる

 

そして、そうした理不尽な出来事は、なかなかうまく言葉にして他者に伝えることが難しいです。

それは、自分自身でもその出来事の記憶を整理できていないからです。

2.その時感じた感情が未処理のまま

感情が未処理というのは、その時に感じた苦しく重い得体の知れない感覚に対して、

感情が割り当てられていない

ということです。

 

感情が割り当てられないままになる理由は、

その時感じた感情(例:恐怖)を感じてしまったら、恐怖で押し潰されてしまい、自分の心を支えきれなくなる

と無意識に判断したためです。

 

感情が割り当てられないと、人はその出来事を過去の過ぎ去ったものとして整理することができません。

3.誰にも辛く苦しい気持ちを共感されなかった

ショッキングな出来事に対して

  • 「自分にも責任があるのかもしれない」
  • 「みんなも辛いのに、自分だけ辛いと言ってはいけない」

など、辛く感じたということを自分の中で認められない場合、

それは結果的に他者にも言うことが難しくなります。

 

人は他者からの共感を得ることで、感情を消化することができます。

そのため、自分一人だけでショッキングな出来事の辛い感情を処理することには限界があります。

トラウマとダブルバインドの関係

トラウマのうち、精神的な苦痛を繰り返し伴うものの一つに「ダブルバインド」というコミュニケーションがあります。

ダブルバインドとは言わば、

一方にとって理不尽なやり取りを繰り返し行う

ものです。

関連記事「ダブルバインドとモラハラは密接な関係!その事例と対処方法

 

このダブルバインドの特徴は、

  • 自分の力ではどうすることも出来ない
  • 主従関係にある2者間で起こることが多い

が挙げられます。

 

例えば、会社で自分が自主的に仕事を進めると、

上司:「勝手に仕事を進めず、自分に確認をとるべきだ」

と言われ、逆に確認をとろうとすると、

上司:「いちいち確認してくるんじゃない!それくらい自分で判断すべきだ」

と言われる。

 

このように繰り返し逃れられない苦痛に継続的に囚われてしまうと、人は自分を守るために

といった防衛反応が起こります。

 

感情をマヒさせてしまうと、苦痛な経験を処理できなくなります。

すると、いつまでも自分の中に未処理の状態で残り続けてしまいます。

そして、何かのトリガーをきっかけにその時の苦痛を処理しようと、トラウマを受けた時の苦しさを再現しようとしてしまいます。

 

このようなことが、自分が子供だった頃にすでに起こっていた場合、

今現在生じている苦痛は、実は過去のトラウマを解決しようとしている

と解釈することも出来るわけです。

 

トラウマになってしまうのは、その出来事に対して何らかの意味付けができていないということです。

意味づけが出来ていないから、自分が感じた苦痛は本当に苦痛だと感じてよいのだろうかと心が迷っている状態と言えます。

 

その意味付けを探すために、過去のトラウマと同じような状況に陥った時に、苦痛を再現してしまうことが、トラウマの苦しみの仕組みになります。

従って、トラウマに苦しむのはあなたが弱いからでは決してありません。

むしろ、過去の辛かった体験とずっと向き合って解決しようとしている心の強い人と言えるんです!

>>>怒られるのが恐いというトラウマの本質は、心の問題ではない!

まとめ:怒っているのは相手の問題。自分に他人の感情の責任はない

大切なことは、今あなたの周囲にいる人の大抵の人は、

『理不尽に「あなたが何でも悪い!」と怒る人ではない』

ということです。

 

そして、例え相手の怒りが状況として正当に感じられるものだったとしても、その相手の怒りの責任は相手にあるということです。

 

もし仕事でミスをしたとして、それに対して怒鳴りつける人もいれば、不機嫌になる人もいるし、優しく注意してくれる人もいますよね。

同じ出来事に対してどんな感情を出すかは、その人次第。つまり、その人に責任があるわけです。

 

自分が持つべきなのは、その仕事のミスに対してであって、上司の機嫌に対してではありません。

相手の感情と自分の責任との間に、きちんとした境界を引くことが苦手だということを意識することが、怒られることを恐れなくなる一歩になります。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました