頑張ることに疲れた人へ。それでも自分に休むことを許せない理由

今の生き方を変える

「今まで頑張り続けてきたが、もう疲れてしまった。

なのに、休むことができない。

頑張り続けることをやめられない」

と悩んでいませんか。

本記事では、なぜいつも頑張っているのに、力を抜いて休むことが出来ないのか、その理由について解説しています。

 

理由を知り、自分を知っていくと、自分に休むことを許せていない理由が今の自分には合理的でないことに気付けるはずです。

そうして、少しずつ

「休んでもいいんだ、そこまで頑張り続けなくていいんだ」

と思えるようになるはずです。

頑張ることに疲れた人へ。それでも自分に休むことを許せない理由

1.向上し続けないと無価値な自分と向き合うことになる恐怖心がある

人は皆、日々を頑張って生きています。

しかし、普通は疲れたら休みますよね。

  • 疲れても休むことなく働き続けてしまう
  • 休んでいると何だか落ち着かなくなる

など休むことが出来ない人は、頑張ることで普通の人以上に何かを得ようとしていると考えるのが自然です。

それは、自分の存在価値です。

 

少し大げさかもしれませんが、休むことを自分に許すことが出来ない程の緊急事態が自分の身に起きていると考えると、大げさとは言い切れません。

そして、これは

「今のままの自分では存在価値がなく、誰にも相手にされない」

という自己否定の裏返しとも言えます。

 

頑張ること、向上し続けることによって、自分は存在を許されている

という感覚が心の底にあると生きること自体がとても苦しいものになります。

 

例えば、私の場合、幼い頃から親からほとんど褒められずに育ったため、褒められたいという気持ちが強くあり、色々と頑張っていました。

  • お手伝いをする
  • 勉強を頑張る

そして、ある日テストで良い点をとって、親に褒められた時、生まれて初めて自分自身を肯定できた感覚を味わいました。

その時、同時に以下のように思いました。

「勉強して結果を出せば、自分を認めてもらえるんだ」

 

しかし、この努力はそもそも

ネガティブな理由(今のままの自分ではダメ)を原動力にしている

わけですから、頑張るほど辛くなってしまいます。

2.楽しむことに罪悪感がある

楽しむことに罪悪感があると聞いて「そんなばかな!」と思いますよね。

 

しかし、なぜ自分に休むことを許せないのかと深堀りしていくと、自分に

「理由なく、楽しんではいけない」

という気持ちがあることに気付きます。

 

ここでの「理由なく」とは、

  • 楽しむだけの頑張りをしたか
  • それだけの成果を出したのか

というもので、無意識の中で

  • 「何かを成し遂げていなければ、そんな自分に価値はない」
  • 「価値のない自分には、楽しんでいる余裕なんてない」

と思っている可能性が考えられます。

ここでの「価値のない自分」とは先にも述べた「誰にも相手にされない自分」というものです。

 

つまり、楽しむことが出来ない人というのは、自分の感覚である

「楽しい、楽しくない」

よりも、

「頑張るべきだ、頑張ることが美徳」

という正しい正しくないを優先してしまっているということです。

 

すると、

「今、楽しいことをすることは正しくない、だから楽しむ自分は悪いことをしている」

という感覚になるわけです。

頑張ることに疲れた人が見落としていること

頑張り続けてしまうのは、誰も

「今のあなたは十分に頑張った。だからもう休んでいいんだよ」

と言ってくれなかったからかもしれません。

けれど、それは当然です。だから、自分が自分自身に対してそう言ってあげる必要があるんです。

 

そして、そのために思い出してもらいたいことは、頑張り過ぎなくても、自分は多くの人から好かれてきた、いや、今も好かれているはずだということです。

よく思い返してみてください。どんなことでも良いんです。

  • 職場で気さくに声を掛けてくれる人
  • 笑顔で対応してくれるコンビニの店員
  • たまに「元気?」と連絡をくれる友人

そして、改めて、自分が何のために休まず努力し続けているのかを見つめてみてください。

 

努力の目的が自分の中で定まっていない頑張りは、誰でも辛いです。

マラソンだって、42km先にゴールがあると思うから頑張れるわけです。

ゴールがどこか分からなかったら、誰でも途中で走る意味を見失います。

「もうどうでもいいや」という境地になってみることが必要

一つ断言できることがあります。それは

目的が曖昧な努力は報われない

ということです。

 

さらに、目的が明確だったとしても、それが

「他人に認めてもらうこと」

と言った相手の気持ちを動かしたいと無意識に思っている場合、これもそのための努力は報われません。

 

その理由は、他人の気持ちは自分の努力ではどうにも出来ないからです。

これも当たり前のことのようで見落としがちなことですが、

誰かに認めてもらいたいという気持ちで何かを必死に頑張っても、自分のことを認めるかどうかは相手次第ですよね。

 

つまり、どれだけ努力しても認めてくれない人もいれば、努力なんかしなくとも、自分のことを好いてくれる人もいるわけです。

そう考えると、もう何のために努力してきたか分からなくなりますよね。

そんな時こそ、もうどうでもよくなってみるべきです。

 

これまでの人生、ずっと努力を投げ出さずに頑張り続けてきたんですから、この機会に一度投げ出して、きちんと休むべきです。

そして、休むことが出来たら、きっと休んでも何も失うものなんてなかったと気付くはずです。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました