他人に期待しない方法!これで私はだいぶ楽になれた

人付き合いの悩み
  • 他人に対して「何でこうしてくれないの!」と期待してしまう
  • 「他人に期待してもイライラしてしまうだけ」と分かっていても止められない

本記事では、他人に期待しないようになるための方法について解説していきます。

なぜ他人に期待してしまうのかの心の仕組みを知ることで、他人に期待しそうになった時に気付いて踏み止まれるようになっていきましょう。

他人に期待しない方法とは

他人に期待しないようにするためには、主に3つの方法があります。

  • 自分が他人に期待していることを意識する
  • 期待しても他人は変わらないことに気付く
  • 他人への期待を諦める

そもそも、ストレスや怒りとは、他人への期待から生じるものです。

その他人への期待を減らすことで、ストレスを軽減していきましょう。

自分が他人に期待していることを意識する

まずは、自分が他人に期待していることをきちんと意識することです。

「他人に期待する」とは、

  • 他人からの承認欲求を求めること
  • 自分が持っている独自のルール(自分ルール)を、他人にも守ってもらうことを無意識に要求すること

などです。

しかしその中で、なかなか自分では気づきにくいことの中に

他人はコントロールできる

という思い込みが自分の中にあることが挙げられます。

例えば、

  • 自分が笑顔で挨拶をすれば、相手も笑顔で挨拶し返してくれるはず
  • いつも仕事を手伝っているから、相手も手伝ってくれるはず

といったことを一種の「自分だけのルール」にしてしまっていると、相手も〇〇するべきだと他人に期待してしまうことになります。

そして、その期待が裏切られると、相手に対して怒りを覚えたり、落ち込んでしまったりして、とても生きづらいものになってしまいます。

期待しても他人は変わらないことに気付く

自分がどんなに何かを他人に期待したとしても、自分の期待によって

他人が変わることはありません

むしろ、期待すればするほど、他人に執着してしまうことになります。

では、分かっているのにも関わらず、なぜ他人に期待してしまうのでしょうか。

1.他人から認められることで、自分の存在価値を見出そうとしているから

これは自己肯定感がなかなか持てていない人に当てはまります。

「そのままの自分で良いんだ」

と思えないと、自分で自分のことを認められません。

そうなると、他人に認めてもらおうとしてしまいます。

つまり、他人の好意を必要としてしまうということです。

 

その結果、無意識に

他人をコントロールすることで、その好意を得ようしまっている

場合があるんです。

このことに気付けないと、どんどんフラストレーションが溜まってしまいます。

2.過度に「こうあるべきだ」と親から期待されて育ってきたため

人によっては、親の影響がとても大きな場合があります。

特に親が過度に子供に、親の自分ルールを押し付けている場合です。

例えば、子供時代に押し付けられた暗黙のルールとして、

1.親の「子供のため」という善意は絶対に受け取らなければならない

  • 親に何かしてもらったら、必ず何があっても感謝を述べなければならない
  • 親の勧めたもの(食べ物、本、服など)は、断ってはいけない

 

2.自分のことよりも、親(他者)のことを優先しなければならない

  • ご飯を食べるでも、後片付けでも、テキパキこなさないと、人は迷惑する

 

このような、親から強要された「こうあるべき」というルールを、気付かないうちに多く持っていることがあります。

すると、そのルールを他人に対しても「当たり前」として、押し付けてしまうんです。

関連記事:自分ルールに苦しめられる人生を変えていく方法

3.場の空気を必要以上に読み、他人にも察することを求めてしまうから

親の態度や言動に一貫性がない環境で育った場合、その子供は親の機嫌を敏感に察するようになります。

幼少期の例で言うと、

  • 昨日まではおやつOKだったのに、急に今日は食べると怒り出す
  • 「勉強しなさい!」と言った直後に、「少しは手伝いもしなさい!」と言う

このような親と接していると、子供は身動きがとれなくなります。

  • 何はしてもいいのか
  • 何はすれば怒られるのか、

正解が何か分からず混乱するため、結果的に子供は自己主張を極力せず、親の機嫌や雰囲気を察して動くようになってしまいます。

そして、幼い時に身に付けたこのコミュニケーションの方法を、成長してからも続けてしまうことが、他人に期待してしまう要因となります。

  • 「自分は上司の機嫌を考えて行動しているのに、後輩は自分のことしか考えていない」
  • 遅刻した友人の自己主張に対して「遅刻したんだから、もっと遠慮すべきだ」とイラっとしまう

そうして他人にも同じように、自分のことを察するよう期待してしまうから苦しいんです。

他人に期待することを諦める

「結局、他人に何かを期待するって、とても無駄な労力で終わってしまう」

そう頭では分かっていても、止められないのが人間です。

しかし、本記事で分かってもらいたいことは、

  • 他人のどんな怒りや不機嫌も、それはその人の責任
  • 自分のどんな怒りや不機嫌も、それは自分の責任

ということです。

つまり、

人の中に生じた感情の責任は、100%その人にある

ということを心の底から理解できていないから、他人に期待してしまうんです。

著「どうしても「許せない」人」の中でも、どんなに辛くても、自分と向き合わなければ、その辛さは乗り越えられないと述べられています。

誰でも「あの人はどうしても許せない」と思うほど憎い人がいるだろう。

しかし、そのずうずうしい人、卑怯な人、ずるい人のことをいつまでも考えていれば、悔しさで消耗し、自分が破滅していくだけである。

~略~

悔しさで消耗し、やつれないためには、この体験を「無駄にしないでいこう」と思うことが大切だ。

自分がここまで軽く扱われてしまったのには、自分の側にも原因がある。心の弱さがある。

その原因をしっかりと認めなければ、同じことをまた繰り返してしまう。

どうしても「許せない」人

少しずつでいいんです。

「自分はどうしてこんなに他人に期待してしまうのだろう」

と考え続け、その心の仕組みを知り続けることが大切なんです。

そうして、自分と向き合っていけば、他人への期待というのは、自分と他人の境目である境界線がボヤけているために起きていることにも気が付くことができるはずです。

>>>「私、嫌われているかも」と悩むのは、自他境界の曖昧さが原因!?

この境界線というものをしっかりと引けるようになることが、他人に期待しないようになるための第一歩になります。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました