「もう楽になりたい」と苦しい人へ。絶望したときに読んでほしい

不安な気持ちの対処法

「もう何もかもが嫌で苦しくて辛い。もう楽になりたい」

自分の人生に絶望してしまうまでには、きっと多くの努力と生きづらさに耐えてきた苦悩があったのだと思います。

 

本記事では、「もう楽になりたい」と辛く苦しい思いに追い詰められていたとき、その気持ちを緩和する考え方や感じ方、方法論についてお伝えしていきます。

「もう楽になりたい」と苦しい人へ。絶望したときに知ってほしいこと

もう楽になりたいと思うほど心に余裕がなくなってしまう根本の原因は、2つ考えられます。

  1. 生きることの目的と手段がすり替わっている
  2. 自分の人生を生きられていない

 

誤解を恐れずに言えば、どんなに辛くても実は心は生きたいと感じていると思います。

それは今の人生で「やり残したことがあるはず」だからです。

 

自分では気付いていないかもしれません。

しかし、何か心の底でくすぶっているものがあるはずなんです。

 

そのやり残したことの一つは、

「他人の目を気にせずに人生を楽しむこと」

なのではないでしょうか。

 

ではなぜ、これまで自分に人生を楽しむことを許してあげることができなかったのでしょうか。

その原因が見えてくると、「もう楽になりたい」と苦しくなる根本の原因も見えてくるはずです。

1.生きることの目的と手段がすり替わっていると絶望していく

精神的に追い詰められているときは誰でも

「何のために生きているのか」

その意味を見失ってしまいます。

 

そもそも人は「楽しい気持ちを感じる」と生き生きします。

というより、「楽しい気持ちを感じるために生きている」と言っても過言ではありません。

 

そして、楽しく生き生きする日々を送るための1つの手段として、仕事をしたり、家事をしたり、食事や掃除など身の回りのことをしていますよね。

生きる目的:楽しい気持ちを感じること
そのための手段:働く・家事をする・身の回りのことをする

 

しかし、毎日楽しい気持ちを味わうことよりも、やらなければならない事を優先してしまうと、生きることが辛く苦しいものになってしまいます。

そして、いつの間にか生きることの目的と手段がすり替わってしまうんです。

 

そうなると、働くこと・家事をすること・身の回りのことをするといった「義務を果たすこと」自体が、人生の毎日の目的となってしまいます。

 

そうなれば、誰でも生きることに絶望してしまうのは当然です。

>>>「義務感で生きる人生・生活」を変えるには、新しい解釈が必要

 

ではなぜ、やらなければならないことをそこまで優先してしまうのでしょうか。

それは自分が楽しむことよりも、

  • 他人から立派だと認められたい
  • 誰かの役に立つ自分でいたい

といった気持ちが強い可能性があるからです。

 

そして、これは「他人の期待に応えられた自分」にだけ、存在価値を置いていることと大きく関係しています。

2.自分の人生を生きられていない

自分の人生を生きられていないと感じる人の中には、そもそも心の底に

「自分が幸せになること・人生を楽しむことを、他人は望んでいない」

という無意識の強い思いが隠れている場合があります。

 

これはどういうことかと言うと、これまでの人生の中で下記のような思いをずっと一人で抱えてきた可能性があるということです。

  • 受験や就活、結婚などがうまくいったことを、周りの人は心の底では喜んでくれていないと感じていた
  • 自分だけが楽しい思いをすると漠然とした罪悪感を持ってしまっていた
  • 何か人並みに苦労をしないと、人に認めてもらえない・居場所を失ってしまう不安があった

不幸になることで他人に受け入れてもらおうとしてしまう

こうした自分を苦しめてしまう思いの原因は本当に様々ありますが、主なものとして

心の安全基地

これがないことで、自分の心を支えることが難しくなり、気持ちが不安定になりやすいことが挙げられます。

>>>「安全基地」を大人になってから作る方法

 

その結果、自分の存在価値を目の前の他人に受け入れられたかどうかに影響されるようになってしまいます。

 

特に幼い頃に、

  • 親の機嫌がコロコロ変わった
  • 子供の自分に対して、優しい時と怒鳴る時の落差が激しかった

 

このような親の元で育つと、自分のことを

  • 人に受け入れてもられる「良い自分
  • 人に受け入れられない「悪い自分

といった極端な捉え方しかできなくなる傾向があります。

>>>毒親育ちは、現実を見るフィルターが生きづらいものにされている

 

すると、親を含め他人に自分のことをどう思われたかによって、自分という存在を

  • 他人の期待に答えられている、
    価値のある自分
  • 他人の期待に答えられていない、
    価値のない自分

 

このどちらか一方でしか見られなくなってしまいます。

そのため、他人にどう思われたかによって、自分の存在価値がそのたびに大きく揺れ動くことになります。

 

結果として、自分が生きる上での行動や考え・価値観の基準が、

他人に良く思われたい

という基準になり、自分が楽しむことは後回しになってしまうわけです。

 

これでは、自分が楽しむための人生ではなく、他人の要求を満たすための人生になってしまいます。

 

自分の人生を生きるためには、「他人の期待に応えられない自分」を少しずつ、ゆっくりと受け入れていく必要があります。

そのための多くの方法の中の一つは、他人への執着を手放すことです。

 

それは他人に対して自分のことを「分かってもらいたい」という思いを持ち続けてはいけないということです。

>>>他人への執着を手放すために「してはいけないこと」

「もう楽になりたい」という辛く苦しい気持ちと、自分自身とは全くの別物

「楽になりたい」と思ってしまうほど辛く苦しいと、その気持ちに自分が飲まれてしまっていることに気付きにくくなります。

 

しかし、その「辛く苦しい気持ち」は、自分そのものではありません。

気持ちはあくまで「身体の反応」です。

その苦しい気持ちを感じている自分を、遠くから離れて観察してみるイメージをしてみてください。

「その苦しい気持ち」と「観察している自分」は別のものと感じられるはずです。

 

「もう楽になりたい」と追い詰められてしまっている状況とは、「人生を終えることへの恐怖のストレス」よりも、「生きることへのストレス」の方が上回るときに生じるものです。

つまり、それだけ辛い現実をこれまで歩んできたということですよね。

 

私自身も人生に絶望し、精神的に追い詰められたとき、多くの心に関する知識を勉強しました。

そして、知識によって辛い苦しさや漠然とした生きづらさは軽減させることができると思いいたりました。

 

本記事や本サイトがそのための一躍を担えれば幸いです。

関連記事:やってはいけない!報われない人生に生き疲れた人が陥りがちな事

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました