何がしたいか分からない30代が、仕事を変える前にすべき2つのこと

働く悩み

今の仕事を続けたくはないが、何か特別やりたいことがあるわけでもない…。

こういう状態って進むことも立ち止まることもできず、苦しいですよね。

 

本記事では、今の仕事に満足できずにフラストレーションを抱えている方へ向けて、転職する前にすべき事についてお伝えしていきます。

何がしたいか分からない30代が、仕事を変える前にすべき2つのこと

一般的には30代って転職できる最後のチャンスとも言われていますよね。

 

しかし、焦って転職する前にやっておくべきことがあるんです。それは

  • 新しい仕事に本当は何を求めているのかを改めて考える
  • 今の仕事以外に小さな仕事にトライする

という2つです。

 

漠然とでも今の仕事が合っていないと感じるならば、自分が抱えている悩みが、

  • 環境が変わることで解決しそうなことなのか
  • 自分の心の奥底の気持ちと向き合わないと解決しないことなのか

まずはそこを見極めていきましょう。

仕事を変えたとして、その先に自分はどんな満足感を求めているのか?

改めて、自分は今の仕事のどんなところに満足できていないでしょうか。

  • 仕事量が多すぎて、やりがいを感じられないところ
  • 自分の能力を十分に発揮できていないと感じるところ
  • 人間関係のストレスが多いところ

 

色々な理由があると思います。

しかし、出来ることならば「今の仕事にやりがいを感じたい」ですよね。

 

これまで今の仕事にやりがいを感じてきた、もしくは、感じたかった方は、

  • 「もっとこういう仕事がしたい」
  • 「この業務のスキルアップをしていきたい」
  • 「仕事上で頼られる存在になりたい」

そういう思いを抱きながら、仕事を頑張ってきたはずです。

 

しかし、

  • 今の仕事に希望を持てなくなった
  • 仕事を頑張る意義を見失ってしまった

などの様々な理由によって、何とか今の仕事以外の新しい「やりがい」を見つけようとしているのではないでしょうか。

 

つまり、いま探しているやりがい、生きがいというものは、

  • 新しい仕事の内容そのものにやりがいを感じたいのか
  • 自分の働きぶりをきちんと評価されたいのか
  • 友人や周囲の人から認められたいのか

など、自分が心の奥底でどんな気持ちを求めているのかをはっきりさせる必要があります。

>>>【生きがいがない】30代から人生を燃焼できる目標の見つけ方

 

ここがあやふやだと、せっかく転職したとしても

「やっぱりこの仕事は、自分がやりたい仕事じゃなかったのかもしれない」

と悩み続けてしまう可能性があるからです。

今の仕事以外の「小さな仕事」を持ってみる

もともと仕事を生きがいにしてきて30代を迎えた人は、本質的に生産的な活動をすることに意義を感じているはずです。

 

しかし、仕事って全てが生産性の高い業務ではないですよね。

たとえば、

  • 新規開拓の営業では、とにかく数をこなさなければならない
  • メンテナンス業務では、作業スピードより慎重さ・正確性が必要

さらに同じ職種でも会社によって業務内容って違うわけです。

 

そのため、もし今の仕事以外でやりたいことを見つけたいけど、何がしたいか分からない場合は、自分の中の価値観そのものを変える必要が出てくるかもしれません。

 

しかし、それはとても困難で難しいことで、あまり現実的ではないですよね。

「自己効力感」が生きがいにつながる

今の仕事(本業)とは別の「小さな仕事」

これにやりがいを感じることが出来れば、より現実的でそれに越したことはないはずです。

 

この別の小さな仕事とは、一般的には「副業」と呼ばれるものです。

 

ただし、ここで言う「副業」とは、例えば以下の条件を満たすような仕事を指しています。

  • 好きな時間に取り組めること
  • 時間給ではなく、成果給であること
  • 1つの仕事が短時間で区切りがつくこと

 

ここで重要なことは、この小さな仕事をする目的はお金を稼ぐことではないということです。

小さな仕事をオススメするのは、今の仕事とは別の「やりがい」を感じるためです。

 

そもそも、なぜ副業がいいかというと

  • 大金を稼がなくてもいい
  • 本業に比べてプレッシャーが少ない
  • 自分のやったことが、直接誰かのためになることを感じられる

この副業の最大のメリットは、自己効力感を感じられる可能性が他と比べて高いことです。

 

自己効力感とは、

「困難に対して、自分にはそれを乗り越えられる力がある」

と感じられる感覚のことです。

 

この自己効力感が生きがい、すなわち生きるエネルギー源となりうるということです。

副業で自信を持てたら、何がしたいか分からない悩みも軽減するかも

新しいことを始めるに当たって、多くの人が長続きしない最大の理由は

「継続できないこと」

です。

 

なぜ継続できないかというと、みんな最初にお金を目的にしてしまうからです。

会社員のような働き方とは違い、雇われずに成果に応じてお金を稼ぐ働き方では、一定額を稼げるようになるのに、時間が掛かるものです。

 

仕事によっては、最初の数か月、1年は全く稼げないのもザラにあります。

なので、多くの人は、稼げるようになる前に辞めてしまうわけです。

 

しかし、最初からお金目的ではなく、生きがい目的で始めてみることで、この「継続できない」という問題のハードルが低くなります

また、その小さな仕事を継続でき、コツがつかめて少し稼げてきたとしたら、その段階でその仕事を基準に「何がしたいか分からない悩み」の答えも見えてくるかもしれません。

30代が仕事を生きがいにするとは

生きがいとは、

自分の持っている能力を十分に発揮できて

かつ

他者に貢献できているという感覚を得られる

ことです。

そのため、雇われて働く環境下でこの2つを同時に満たすことはなかなか簡単なことではありません。

 

また、会社員として働くに当たっては、

  • その仕事を唯一の生きがいにしようとしない
  • その仕事で活躍しようと意気込み、人生を捧げようとしない

こうしたことも一つの考え方として、ぜひ知っておいていただきたいです。

 

そして、仕事以外の生きがいを探している方なら、すでに理解されている方も多いかもしれませんが、

「仕事を生きがいにすることのリスク」

もしっかりと押さえておくべきです。

 

それは仕事だけを生きがいにしていると、

  • 突然の病気やリストラ
  • ストレスで体調を崩す

などして仕事を辞めざるを得なくなったとき、同時に

自分の心の大きな支えを失って、生きることに無気力になってしまう

というリスクがあるためです。

 

※退職代行という近道

数万円のお金はかかってしまいますが、精神的な負担を減らすという目的ならば、退職できずに悩んでいる方は退職代行を利用することもアリかもしれません。

>> 退職代行ニコイチで無料相談してみる

 

生きがいが見つかる前に、ストレスで健康を害してしまっては元も子もありません。

そのようなリスクを避けるためにも、本当に自分が残りの人生で得たいものとは何かを一度考えてみていただきたいと思います。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました