仕事ができない人なりの「幸せな生き方」はあるのか?

働く悩み

「仕事が全然できなくて、職場で浮いてしまっている」

「自分にはどのような生き方、働き方が合っているのか分からない」

誰しもが自分に自信をもって楽しく暮らしたいと思っても、人生に明るい展望が見えないと苦しいものですよね。

 

本記事では、自分は仕事のできない人だと悩み苦しんでいる方へ、自分らしい幸せな生き方を見つける方法を解説していきます。

スポンサードリンク

仕事のできない人が自分らしい生き方を見つけるためには

誰しも仕事がうまくいかないと「ここは自分がいるべき場所じゃないのかもしれない」と悩んでしまうものです。

 

そんな自分のことを仕事のできない人だと思っている場合、自分らしい生き方を見つけるためには、

  • 「自分は仕事ができる人だ」という根拠のない自信をまず先に持つこと
  • 今の仕事が向いていないという可能性を探ること

この2つが必要になります。

 

普通は「仕事ができる人になれることで、そんな自分に自信が持てるようになるもの」と考えますよね。

しかし仮に仕事ができない人だったとしても関係ないんです。

 

先に「自分は人の役に立てている」という根拠のない自信を持つことができれば、思考や振舞いはポジティブになるものです。

そうしてポジティブになるからこそ、実は結果として仕事にも集中して取り組めたり、同僚から信頼されたりする生き方を送れるものなんです。

 

事実、自分に自信のなさそうな人に大事な作業を任せようとは思いにくいですよね。

それに自分に自信があれば多少ミスをしたとしても「今日の自分は少し疲れているのかも」くらいにしか捉えなかったりするものです。

 

ではその根拠のない自信をどうすれば持てるようになるかというと、そのためには自分には、

  • 本当に仕事をこなす能力がないのか
  • 今の仕事が、自分の能力を発揮できない環境・作業内容なのか
  • 社会での自分を活かす生き方を知らないだけなのか

これらをきちんと見極めることです。

自分は仕事ができない人だと悩んでいる方に共通していること

実は仕事ができないのではなく、今の仕事が向いていないだけという可能性が十分にあります。

 

たとえば、

  • 臨機応変な対応が求められる仕事で、自分はそれが不得意だった
  • 作業の正確性が求められる仕事で、自分は作業効率を重視するタイプだった
  • 職場の人間関係の相性が実は良くなかった

さらに自分のことを仕事ができない人だと思い込んでいる場合、そうした人には共通点がいくつかあります。

順に見ていきましょう。

1.「仕事の評価」というものを勘違いしている可能性

世の中には、

仕事ができる人 = 成果を出している人

という思い込みをしている人が、意外に多くいます。

 

「仕事ができる」というのは、必ずしも作業の成果や実績だけで図られるものではありません。

そもそも自分が「仕事ができない人」かどうかは、基本的に上司の評価によって決まるものですよね。

 

ではその上司は部下の作業の成果や実績だけを見て評価をしているのかと言えば、そうではありません。

成果や実績以上に、

  • 仕事のホウレンソウ(報告・連絡・相談)がしっかりできているか
  • 一緒に仕事をしていて楽しいか

こうしたことが信頼や評価に大きく影響しているんです。

 

つまり仕事ができない人というのは、同僚や上司とのコミュニケーションが単純に不足していて、不器用な生き方をしているという場合もあるわけです。

>>>職場で孤立して辛い人に共通する「ある勘違い」

2.自分のコンプレックスに意識が向きすぎている可能性

仕事ができる人の定義というのは、何か絶対的な数値で決まっているものではありませんよね。

 

では多くの人はどのように判断しているかというと、基本的には誰かと自分を比べているはずなんです。

「自分は仕事のできない人だ。なぜなら…」

  • あの人と比べて、自分は〇〇が劣っているから
  • あの人の方が〇〇の能力が高く、上司から期待されているから

 

しかしそれは自分がどこに意識を向けているかによって全く異なるものです。

たとえば自分がもともと人とのコミュニケーションが苦手だとします。

もしそんな自分に劣等感を持っていたなら、職場で仕事ができる人の「コミュニケーション力」ばかりに意識が向いてしまいやすいわけです。

 

職場のすごく仕事ができる人と自分を比べてしまっては、誰でも自分に自信をなくし辛い生き方となってしまいます。

>>>人と比べてしまう自分に疲れる…SNS時代を幸せに生きる方法

スポンサーリンク

自分に高いハードルを課しすぎると自分らしい生き方ができなくなる

誰にでも得意なこと・不得意なことはあるものですよね。

それにもかかわらず、「こうあるべきだ」という理想の自分や生き方を追い求めてしまう人は意外に多いんです。

 

そうしたある種の完璧主義の人は、いつも現実の自分を置き去りにしてしまいます。

仕事や人付き合いでの少しのミスでも自分を許せない人は、自分だけが「自分は仕事ができない人だ」と思い込んでいる場合もあるわけです。

本当は周囲の人から頼りになる人だと思われていたとしてもです。

 

そしてその理想の自分や生き方を追い求めるためにしている努力こそが、自分を苦しめていることも大いにあるんです。

努力は報われると信じていないか

自分にとって苦手で不得意な作業は、どんなに努力して改善しようとしても、それが生まれつき得意な人にはなかなか及ばないのが現実です。

 

つまり苦手を改善するよりも、自分の得意を見つけて活かすことにエネルギーを注ぐべきなんです。

自分のことを仕事ができない人だと悩んでいる人は、

何を頑張るべきで、何は諦めるべきか

を見定めることが大切なんです。

>>>人並みの人生を諦めざるを得ない時…必要なのは諦め方を知ること

自分らしい生き方を見つけるためには

世の中には、この社会に適応しやすい多数派の人と、そうではない少数派の人がいます。

 

一般的に「仕事ができない人」と言われる人の中には、

  • HSPの傾向が強い
  • 生きづらさを抱えやすい特性をもっている

こうした社会の中での少数派の人が、一定数の割合で存在しているはずです。

 

さらにこうした人の中には「INFP」という、性格診断テストで分類される少数派の傾向を持つ人も含まれていると考えられるんです。

>>>INFPの本質的な性格とは?価値観や資質を徹底分析

 

こうしたHSPやINFPの傾向が強い人は、自分の得意なことと苦手なことのギャップが大きい特徴があります。

そのため自分の特性をきちんと理解していないと、自分と相性の悪い仕事や人間関係でつまづく可能性が高くなってしまいます。

 

仕事のできない人が自分らしい生き方を見つけるためには、まず自分の考えや心理の特性をよく知ることです。

そしてその結果、いまの仕事が合わないと思ったら、できるだけ早いうちに次の仕事を探すことも一つの手です。

>>>HSPで仕事が長く続かない人が陥りやすい3つの思い込みと対処法

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました