ラケット感情とは?毒親育ち克服のために知っておくべきその正体!

自分を変えたい

「人から責任を押し付けられても、とりあえず謝ってしまう」

「自分の振舞いを後から自己嫌悪してしまう」

人間関係の中で、いつも嫌な感情を感じてしまっていて悩んでいませんか。

本記事では、ラケット感情の説明と、毒親育ちの人がラケット感情を身に着けてしまう理由と克服法について解説していきます。

ラケット感情とは?毒親育ち克服のために知っておくべきその正体!

ラケット感情とは、

自分を守るために自ら作り出す「ニセの感情

のことです。

主に幼少期の親との関係性の中で、親に自分を受け入れてもらうために使い始めるものです。

 

特に毒親育ちと言われるような人は、下記のような環境に身を置いていたのではないでしょうか。

  • 親からの要求が強い
  • 親の機嫌が不安定
  • 子供に対して否定的なことばかり言う

 

このような環境で育つ人は、自分の身を守るために自分本来の感情を抑えて、親が求める態度・振舞いを行いやすくなる傾向あります。

そして、その際にラケット感情を用いてしまうわけです。

ラケット感情の事例

例えば、

自分が親からバカにされた時、子供の心の中に「恐怖」や「悲しみ」が生じたとします。

 

しかし、親にいくら

「何でそうゆうこと言うの?」

と悲しみを伝えたところで、親には届かなかった。相手にされなかった。

 

しかし、別の機会に、親からバカにされた時、今度は「怒ってみた」とします。

すると、怒ったら親は相手にしてくれた。

 

その時から、子供は本当の感情である「恐怖」や「悲しみ」をなかったことにし、怒りを出すようになります。

この「怒り」がラケット感情です。

 

他の例で言うと、

  • 失敗して怒られた(恐怖・悲しみ)
     →失敗した自分を嫌悪したら、親は優しくしてくれた
  • 親にバカと言われた(悲しみ・怒り)
     →親と一緒に「自分って本当バカだ」と自己卑下したら、親はかまってくれた

この例の中で言えば「自己嫌悪、自己卑下」がラケット感情です。

 

ラケット感情には色々な種類がありますが、共通して言えることはどれも「不快な感情」だということです。

そして、そんな不快な感情を感じてでもラケット感情を使ったからこそ、幼少期は何とか過ごしてこれたとも言えます。

 

しかし、問題となるのは幼少期に親に対しては有効だったラケット感情も、成長し社会に出ると適切ではない感情表現となることです。

  • のけ者にされて寂しいのに、怒ってしまう
  • ヒドい事を言われて悲しいのに、自己卑下してしまう

本当は

「寂しい、悲しい」

と感じているのに、

「怒り、自己卑下」

というラケット感情を出しても、社会ではなかなか受け入れてもらうことは難しいですよね。

不快なラケット感情を感じた上に、他者との関係もうまくいかないのであれば、誰でも嫌になってしまうのは当然です。

ラケット感情の代表的なものは「罪悪感」

ラケット感情の中でも、罪悪感は代表的な偽の感情です。

>>>なぜ罪悪感にさいなまれる気持ちは、これほど克服が難しいのか

罪悪感は「自分が悪い」という気持ちを抱くことで親から許されたと感じるために、多くの人が多用してしまいやすいものです。

ラケット感情はいくら感じても消化されない

ラケット感情の一番の問題は、

「どれだけラケット感情を感じて表現しても、その感情は消化されない」

ことです。

 

例えば、のけ者にされたことに対して、怒ったとします。

しかし、いくら怒っても、自分の中の怒りやモヤモヤ感はなくなりません。

「その怒りは本物の感情ではない」

ため、いくら怒っても満たされないんです。

 

満たされるためには、

本当はどう感じているのかをきちんと把握すること

が必要です。

把握できないと、自分はなぜ怒っているのか分からないまま、ずっと怒りなどの不快な感情を感じ続けなくてはならなくなります。

罪悪感も同じです。

罪悪感の裏にある本当の感情を把握して感じるまでは、本当の問題は解決しないんです。

ラケット感情を克服するには

自分の感じている本当の感情に気付くことができれば、意味も分からずに不快な感情を抱き続けなくてよくなります。

 

ラケット感情の克服のためにはまず、

自分がどんなラケット感情(不快な感情)を使っているかを知る

ことが第一歩となります。

 

自分が感じている本当の感情を知るためのステップはこのようになります。

  1. 自分が悩んでいることをリストアップする
  2. その悩み事で、どんな不快な感情を感じてしまっているかもリストアップする
  3. その不快な感情を感じる代わりに、自分は何を期待して何を得ているのか

この3つのステップの中で、重要でかつ難しいのは3番目のステップです。

 

大人になった今でも、ラケット感情を使うことで、

「自分は相手に何を期待し得ようとしているのか」

ということとしっかり向き合うことで、不快な感情は少しずつ軽減できます。

 

ここでラケット感情とは、親に受け入れてもらって生き延びるために身に付けざるを得なかったものだということを思い出してください。

 

例えば、職場などで特定の人と接する時に、いつも自分に自信が持てなくなる場合、幼少期に

  • 無力感を感じる自分になることで、親から愛された
  • 自信なく振舞うことで、親から優しくしてもらえた

という経験から、無力感や自信喪失といったラケット感情を使うことを覚えてしまった。

そして、それを今でも使って、相手から優しさや好意を得ようとしてしまっている可能性が考えられるわけです。

自分が毒親とどんな関係性だったのかをきちんと知る

毒親育ちを象徴する大きな特徴は、

「子供時代から、ずっと子供として生きたことがほとんどない」

ということです。

 

物心つく頃から、親と子の役割が逆転し、常に子供の自分が親の役割を担わざるを得なかった。

そのため、

常に自分が背負いきれない責任を持ち、無力感を抱き続ける

という環境の中でずっと耐え続けてきた。

 

その結果として、「どうしても自分に自信が持てなくなる」状態に陥ってしまうというわけです。

 

また、そうした環境では、親が過干渉な傾向があります。

常に親からの要求やダメ出しによって、精神的に押し潰されている場合も多いんです。

>>>過干渉な毒親との正しい向き合い方

自分に自信が持てない原因をきちんと知ること

自分に自信を持つ、自己肯定感を持つためには、どうすれば良いかと言うと、まずは

自分の価値を、親の視点のみで決定している

ことに気が付くことです。

 

毒親育ちの人は、無意識に自分でも気が付かないうちに

自分に自信を持ってよいかどうかは、親に決定権がある

と思い込んでしまっている傾向があります。

 

こうして彼女は、しだいに自分が自分をどう思うかではなく、親が自分をどう思うかによって自分を規定するようになっていった。

つまり、自分の行動が親の機嫌をよくしたら自分は「いい子」であり、親の機嫌が悪くなったら「悪い子」だ、ということになったのである。

毒になる親 一生苦しむ子供

このことに気付けるかが、毒親育ちの人が生きづらさを軽減するために大切なポイントになります。

 

そして、少しずつでも、自分の親との関わり合いを思い出すことからも、ラケット感情の克服は始められます!

>>>毒親育ちは、現実を見るフィルターが生きづらいものにされている

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました