働くのが怖いときほど、焦らず慎重になるべき2つの理由

働く悩み

「働きたい気持ちはあるけれど、働くのが怖い」

「どうしても、一歩が踏み出せない」

仕事や職場の人間関係で辛い思いをした人ほど、恐怖心ってなかなか消えず苦しいですよね。

 

本記事では、働き始めるために怖いという気持ちを軽くするための方法について解説していきます。

働くのが怖いときほど、焦らず慎重になるべき2つの理由

本記事でお伝えする理由は、下記の2つです。

  1. 「働くのが怖い本当の理由」を知らないと再び挫折するため
  2. 働くのが怖いという気持ちは心からのSOSだから

「怖いけど、早く働かないと!」

そう焦っているときほど、進んではいけない方へ人は行ってしまいがちです。

そのため、一度落ち着いて働き始める準備を整えていきましょう。

1.「働くのが怖い本当の理由」を知らないと再び挫折するため

働くのが怖いという気持ちに苦しむ理由は、深いものから浅いものまで様々ですよね。

  • 前の仕事で大きなミスをして仕事が怖くなった
  • 職場の人とうまくやれるか不安
  • 感情的な態度で接して来られるのが苦しい

 

しかし、働くのが怖いと感じてしまう人に共通している大きな理由は、やはり

人間関係への恐怖心

ではないでしょうか。

  • すぐに怒鳴ってくる上司や同僚がいるかもしれない
  • 職場の人と馬が合わず、のけ者にされるかもしれない

 

それはある意味、人と接することに対してトラウマを抱えてしまっている状態なのかもしれません。

ただ、その働く上で人が怖いという気持ちをもう少しだけ深堀りしてみてほしいんです。

恐怖心の下には無力感がある

働く上での恐怖心の下には「無力感」があるはずなんです。

この無力感とは、自分は何をやっても上手くできないという感覚のことです。

 

過去に働いたことがある方ならば、そのときに

  • どんなに頑張ってもミスをして怒られてしまう
  • 職場に溶け込もうと努力したけど、うまくいかなかった
  • 上司との雑談も頑張ったけど、嫌われてしまった

このようなことが続いたり、また、一度の大きなショックを受ける出来事があった場合、この無力感を抱いてしまう可能性があります。

 

そして、この無力感を持ち続けてしまうと、そんな何をやっても上手くいかない自分のことが嫌になってしまいます。

そうなると、働くということに対して、

  • 怒られる恐怖
  • 頑張っても報われない感覚に陥る恐怖
  • 自分が嫌になる嫌悪感

このような感覚に自分が気付かないうちに飲まれてしまっているとも考えられるんです。

これでは働くことが怖くなるのは当然です。

 

そして、このように自分が働くのが怖いと感じる本当の理由をきちんと押さえておかないと、たとえ働き始められたとしても、再び挫折する可能性が高くなってしまいます。

2.「働くのが怖い」という気持ちは心からのSOSだから

働くのが怖いという悩みを抱えた方は、自分に対してこんな言葉を投げかけていませんか。

  • そんな甘えたことを言ってられない
  • たとえ怖くても働かないわけにはいかない

 

確かにそうなのかもしれません。

しかし、働くのが怖いという状況は、見方を変えると思考と心がケンカをしている状況とも言えるんです。

思考:頑張って無理してでも働かなければならない

 

心: 働くことでもう傷ついたり自信をなくしたりしたくない

このような葛藤の状態はとても苦しいものですよね。

 

もし今すぐに働くことが絶対に正しいことならば、「もう傷つきたくない」という心の声はただ、その足を引っ張っていることになってしまいます。

挫折しないためには「心の葛藤」を小さくする必要がある

挫折しないために重要なことは「思考と心の声の葛藤」をできるだけ小さくすることです。

そのためには、初めの一歩を小さくするのが効果的です。

 

たとえば、いきなり雇われて働き始めるのではなく、

  • 在宅ワークから始める
  • 職業訓練に通うことから始める
  • スキルを磨くためのスクールに通うことから始める

働くのが怖くて行動できない方は「絶対に失敗できない」と無意識に自分を追い詰めてしまっているから辛い可能性があります。

 

在宅ワークなら、未経験からでも始められるWEBライターの仕事もあります。

また、職業訓練なら公共のものもありますし、就労移行支援という自分のペースで進められるものもあります。

 

大切なことは、働くのが怖い状態で無理に働き始めないということです。

働くことへの恐怖心は自分を守るために必要なもの

働く上で一番大切なことは、長く働き続けられることです。

 

人は焦ると冷静な判断ができなくなり、結果的に、苦手な仕事や職場環境に就いてしまう可能性が高くなってしまいます。

そうして一度働くことに挫折してしまうと、再起するのにとても大変な思いをすることになりかねません。

 

そうならないためにも、働くのが怖いときほど、焦らず小さな一歩を心掛けてほしいと思います。

関連記事>>>「人生このままでいいのか」と不安なとき、やってはいけないこと!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました