自分には自我がない!?ブレない意志と自信がもてず苦しい人へ

自分を変えたい

自分って人に流されやすく影響されやすい…

何かをきっかけに

「自分には自我がないのでは?」

と感じている人の中には、

  • いつも相手に合わせてしまい、疲れやすい
  • 相手の基準で自分を評価してしまうため、ヘコみやすい
  • 「これがしたい!」という明確なものがあまりない

自分で自分のことを責めたりイヤになったりしやすいと、それだけでとても生きづらさを感じてしまいますよね。

 

本記事では、ブレない意志と自信を取り戻したいという方が押さえておくべきことと、自我がない自分の育て方について解説していきます。

自分には自我がない!?ブレない意志と自信がもてず苦しい人へ

「自我がない自分」というと、どうしてもマイナスなイメージを抱きやすいですよね。

 

しかし、そんな方にまず知っておいてほしいことがあります。それは、

「自我がない自分だったからこそ、今日まで生き延びてこれた」

という事実があることです。

 

これはつまり、自我がないということには実はきちんとした理由があるということなんです。

そもそも「自我がない」とはどういうことなのか

自我とはアイデンティティとも訳され、色々な種類があります。

そして、自我がない人というのは例えば、大人数での飲み会などの場において、

  • 自分の立場(年上・年下、先輩・後輩など)がはっきりしていないと不安
  • 自分の役割(幹事をサポートすべき役なのかなど)がはっきりしていないと不安

このように役割や立場を通してでしか、自分のことが分からない状態になってしまっている人と言えます。

 

そのため、役割や立場があいまいだと不安を感じやすく、そういった状況では特に

「目の前の相手に合わせすぎて(過剰適応して)しまう」

という傾向があるんです。

自我がないと、自分で自分のことを頼りにできない

目の前の相手に合わせすぎてしまう原因は、そもそも自分で自分のことをきちんと支えられていないからです。

 

自我があいまいな場合、人は漠然と、他人と接することや生きることそのものに対して不安感を抱きやすくなります。

それは、

「何の役割も居場所も能力もない、ありのままの自分には価値がない」

と感じてしまっている可能性があるからです。

 

そのため、

「人から受け入れられたい、愛されたい」

という思いは人より強くなってしまいます。

その結果、

自分の自我(意志や意見・気持ち)をなくして相手に合わせた方が、周りから愛されるに違いない

と思ってしまっている場合があるんです。

 

では、なぜ自我がない方が愛されると思ってしまったのでしょうか。

誰も自分が自己主張することを望んでいないと感じた過去がある

たとえば人には、成長していく段階で

「自我を持たない方がいいんだ」

と思ってしまいやすくなる生育環境というものがあります。

 

それは子供時代の自分の親が

  • 親の考え・価値観が絶対で、それに反する子供のことを「反抗的だ」と捉えてしまう
  • 親の機嫌がコロコロ変わり、自分の機嫌で子供を怒ってしまう

 

このような環境で親に愛されて生きていくためには、自我(自分の考えや価値観、感覚、気持ちなど)を心の底に押しやり、なかったことにするしかありません。

つまり自我をもつことが、親の意に反することでもあったと言えるわけです。

 

このように感じてしまったがゆえに、自分でも気が付かないうちに

  • 「自分の意見や価値観・気持ちを持つと嫌われ怒られるから、持たないでおこう」
  • 「他人から期待されている行動や意見を一番大切にしよう」

そう無意識に決意してしまっていることがあるんです。

 

確かに相手の気持ちに共感できることは、一つの立派なスキルです。

ただ、今の自分がそのスキルによって生きづらくなっているかどうかが重要なんです。

自我がないことによって生じている辛さ・苦しさ

  • 「原因はわからないけれど、とにかく不安でたまらない」
  • 「もう何もかもが嫌になってしまう」

こうした気持ちは自我を持たないようにしたことによって、生じている可能性があります。

1つずつ見ていきましょう。

「原因はわからないけれど、とにかく不安でたまらない」

漠然とした不安が強いとき、実は無意識のうちに他人のネガティブな感情を受け取ってしまっていることがあります。

 

そうした場合、

「相手の辛い・苦しい・不機嫌といった感情を、自分が何とかしてあげなければならない」

このように自分と他人との心の境界線があいまいになってしまっていることが考えられます。

 

これは自他境界とも言い、このことを知っているかいないかだけでも、気持ちの安定度は大きく変わるはずです。

>>>「私、嫌われているかも」と悩むのは、自他境界の曖昧さが原因!?

「もう何もかもが嫌になってしまう」

他人に流されやすく感化されやすいと、もう自分自身のことがよく分からなくなってしまうことってありますよね。

 

これはもちろん先ほどの心の自他境界とも関わってきます。

しかし、そもそもどんなに仲の良い相手のことも心の底では不信感を抱いてしまっている場合もあるんです。

 

そしてこれは見捨てられ不安を感じやすい人にも多い傾向があります。

>>>人の気持ちを勘ぐりすぎて疲れ果てる根底には「人間不信」がある

少しずつ自我を育てていくためには

少しずつ自分の意志や感情、気持ちをしっかり持てるようになるための一つの方法に

「あえて、ものごとを批判的に捉えてみる」

ことが挙げられます。

 

なぜかと言うと、批判的にものごとを考えるというのは、自分自身に対して強いメッセージ性があるからです。

そうして批判的な意見を考えてみることで、それが一つの自分の意見として確信になっていくんです。

 

そうすれば、

「実は自分は色々な考え方や意見、信念を持っているんだ!」

と気付けてくるはずです。

 

そして、少しずつでも

「自分の意志や感情・気持ちをしっかり持てるようになることで、どんな自分になりたいのか」

というイメージを描いていけるようになることが、自分の自我をしっかり育てていくことにつながっていきます!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました