自分の弱さを認める方法!自分に厳しい生き方をやめるには

自分を変えたい

「自分の弱さを認められたら楽になるのに」と思うけど、どうすればいいのか分からない

自分の弱さを認めることは誰にとっても怖く難しいものです。

その理由は心の底で弱い自分と恐怖心が関連づけられてしまっているからです。

 

本記事では、自分の弱さを認めることで楽に生きる方法について解説していきます。

自分の弱さを認める方法!自分に厳しい生き方をやめるには

自分の弱さを認めるには、次の2つのステップが必要になります。

  1. 弱い自分に対する思い込みに気付く
  2. 弱い自分に対する感情を変化させる

 

自分の弱さを認めたいと思うキッカケって色々あると思います。

  • 弱音を吐ける友人や同僚を目の前で見たとき
  • 何でも一人で頑張って誰にも頼れずに行き詰まったとき
  • 「仕事ができない人」と思われたくなくて無理を重ねているとき

 

では、なぜ自分は自分の弱さを認めることができないのでしょうか。

そこには自分でも気付いていない、自分に対する間違った思い込みがあるんです。

1.弱い自分に対する思い込みに気付く

自分の弱さを認めることができない理由は、過去に

「〇〇な自分でなければ、人から愛されない、受け入れてもらえない」

と思い込んでしまったショックな出来事があったはずなんです。

 

たとえば

  • 一度頼っただけで「何でもすぐに人を頼るものではない」と言われてしまった
  • 勉強やスポーツ、仕事で上手くいかなかったことを、バカにされてしまった
  • 弱音を吐いたら、逆に叱られたり説教されてしまった

こういった誰でも一度は経験しそうな出来事に、過去の自分はとてもショックを受けてしまった可能性があるんです。

一度大きく傷つくと、心は現実を見なくなる

一度大きく傷ついてしまうと、心は自分を守るために

  • 「人を頼ると拒絶されてしまうんだ」
  • 「弱音を吐くと誰も相手をしてくれなくなってしまうんだ」

このように決めつけてしまい、それ以降、現実を確かめなくなってしまうんです。

 

そうすると、たとえ目の前の人は弱音を吐いても受け入れてくれる人だとしても、

「弱音を吐いてみよう」

という思いすら抱けなくなってしまいがちになります。

関連記事>>>傷つきやすい人が自分と上手に向き合う方法

自分の弱さに怒りを感じてしまう

傷つきたくないという思いが強いほど、完璧ではない自分を受け入れられなくなります。

 

そのような場合、特に何か物事がうまくいかなくなると、原因を自分に求めて自分を強く責めてしまいがちになります。

それは

「完璧な自分になれないと孤立してしまう」

という焦りや恐怖心が心の底にあるからです。

 

そういった焦りや恐怖心は苦しい感情のため、それを自分自身から隠すために自分に怒りを向けてしまうんです。

自分の弱さを認めるには「弱みを見せても大丈夫なんだ」という経験が必要です。

 

そして、そのためには今までの自分に対する見方を変えてみる経験の積み重ねが重要になってきます。

2.弱い自分に対する感情を変化させる

自分の弱さを認めることができるようになるためには、弱いと思っている自分に対する気持ちを少しずつ変えていくことが効果的です。

そのための方法として、リフレーミングという手法があります。

 

このリフレーミングとは簡単に言うと、

自分や周りの出来事をいつもとは別の視点から捉えることで、気持ちや感情を変えること

 

たとえば、

仕事が遅かったり、ミスをする自分はダメなんだ

 

→見方を変えれば、仕事が遅かったり、ミスをする自分でもいいと解釈できる。

 

そうした経験があるからこそ、

 

  • 同じく仕事が遅い人が悩んでいる気持ちにも気付いてあげられる

  • 他人のミスも許してあげられるようになる

 

また

人を頼る自分はダメなんだ

 

→見方を変えれば、一人で物事を解決しようとする精神力があると解釈できる。

 

そして、そうした努力をするからこそ

 

  • 何でも一人でやるって意外と寂しいと気付く

  • 一人ではできないこともあると知る

  • 何でも甘えているから頼るわけじゃないと思えてくる

 

 

このように考えられると、だんだんと気張っていた気持ちも緩み、自分の弱さを認めることができていくはずです。

 

物事には必ず表と裏があります。

それと同じように弱い自分と思っている部分でも、見る視点を変えれば必ず良い見方ができるはずなんです。

弱い自分を良く捉えられないとき

しかし、なかなかすぐに別の見方をすることができない場合もありますよね。

 

そういった場合、自分の中に人に認められたいという気持ちが実はとても強い可能性があるんです。

そして、そういう方は

「認められること」が唯一の「人から受け入れられること」

だと思い込んでしまっていることが多いんです。

 

たとえば、

  • 仕事がデキる人でなければ、誰も相手にしてくれなくなってしまう
  • 自分の不器用で苦手なところは、隠しておかないと笑われてしまう

このように自分でも気づかずに思い込んでしまっている可能性があります。

 

けれど、実際は

  • いつもミスばかりだけど、周りに助けられて人望の厚い人もいる
  • 自分のコンプレックスを出すことで親しみを持たれている人もいる

など、決して優秀だと認められていなくても、受け入れられている人はたくさんいます。

 

つまり、人から受け入れられることと認められることは全くの別物だと気付けないから、苦しくなってしまうんです。

自分の弱さを認めるには、自分が本当に求めているものに気付く必要がある

自分の弱さを認めることができずに悩んでいる人は、ある意味、遠回りをしているんです。

 

そもそも本当は、

  • 寂しさを解消したい
  • 人と仲良くなりたい

という思いが始まりのはずなんです。

 

けれど、

  • 勉強でも仕事でもできないと失望されたと感じた
  • 頑張って結果を出すと褒められ頼られると感じた

そういった経験から

「立派にならないと、また寂しく辛い思いをするに違いない」

と思い込み続けてしまったことが、自分の弱さを認めることへの恐れにつながってしまっているんです。

目的と手段がすり替わっている可能性

そもそも強い自分でいたいという思いは、手段の1つだったはずなんです。

目的:人に受け入れられて安心したい
  ↓
手段:一人で頑張って強い自分になる

しかし、いつの間にか手段である「強い自分になること」が目的になってしまっている可能性があるんです。

 

それに気付かないために、いくら頑張っても

「人に受け入れられる安心感を得たい」

という本当の目的が達成できなくて、辛く苦しくなってしまっているんです。

 

このことに気付けるだけで、少しずつ自分の弱さと向き合い認めていくことができるはずです。

関連記事>>>心の声を聞くスキルを身に付け、自分を大切にする方法

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました